スマートフォン用の表示で見る

高浜虚子

読書

高浜虚子

たかはまきょし

本名高浜清。俳人小説家(1874-1959).松山生まれ。

正岡子規に師事し、俳誌「ホトトギス」を主宰.客観写生や花鳥諷詠を主張し、俳句の普及と後輩の育成に努めた。

写生文や小説にも長け、『鶏頭』『俳諧師』『柿二つ』などの創作がある。句集『五百句』など。

門人に山口青邨水原秋桜子など。