高峯一愚

高峯一愚

(読書)
たかみねいちぐ

高峯 一愚(たかみね いちぐ 1906年 - 2005年1月18日)は、日本の哲学者で西洋哲学を専門としていた。著作家、翻訳家でもあった。東京都立大学名誉教授。

かかる人物の生涯の足跡

富山県にて生まる。東大卒(即ち言い換えれば、東京大学を卒業)。東京都立大学教授および帝京大学教授を務めた。日本カント協会の委員長を務める。『純粋理性批判』などの翻訳を行っていた(のだが、因みにこの訳は、現在我々の入手しうる邦訳書としては、最も誤訳が少ないという点に於いて重用せられうるものであると言うことは、怪哲学者とも称せられえよう、かの中島義道氏によってもまた、断定せられて居る事実ではある、のである)。

2005年1月18日に多臓器不全のため品川区の病院で死去した。

主たる諸著作

カント講義
法の哲学
カント実践理性批判解説
断思断想 カント研究余滴
カント判断力批判注釈
カント純粋理性批判入門
純粋理性批判
哲学
哲学十二講
近代哲学の構造
近代における人間の自覚
法の精神

新着ブログ: 高峯一愚