スマートフォン用の表示で見る

高木東六

音楽

高木東六

たかぎとうろく

作曲家ピアニスト。(1904/7/7-2006/8/25)

岡山県生まれ。

東京音楽学校でコハンスキなどに師事。

中退して、1928年フランス留学。

最初はパリ国立音楽院に入学するが、1年後にパリのスコラカントールムに転じ、ポール・ブローに、また作曲をヴァンサン・ダンディに師事して1931年卒。翌年帰国。

1940年新京音楽院賞に《朝鮮風舞踊組曲》が、第1位入選、同曲中の第3楽章《太鼓》は1942年文部大臣賞をあわせて受賞した。

クラシック育つながら、戦後は軽音楽に新鮮な作品を残した。

また独特の口調でテレビ歌謡番組の審査員パターンを作った。

2004年7月7日には、「100歳の誕生日を祝う記念コンサート」が開かれた。

作品

【主要作品】 『無言歌集』

  『朝鮮風舞踊組曲

  組曲ソ連の旅』

歌謡曲】 『水色のワルツ』1948(昭和23年)1950(昭和25年)に大ヒット

   

【童謡】 『よいおへんじ はい』