高野進

スポーツ

高野進

たかのすすむ

陸上競技の元選手、指導者。

1961年5月21日生まれ、静岡県出身


男子400mの日本記録保持者(44秒78)。

オリンピックにはロサンゼルスソウルバルセロナの3大会に出場。

1992年のバルセロナオリンピック男子400mで、陸上短距離種目で60年ぶりとなる決勝進出(ファイナリスト)の偉業を成し遂げた。


現役引退後は母校・東海大学のコーチを務め、末續慎吾塚原直貴らを指導した。