スマートフォン用の表示で見る

高野長英

社会

高野長英

たかのちょうえい

文化元年5月5日(1804年6月12日)〜嘉永3年10月30日(1850年12月3日)

日本の江戸時代後期の医者。蘭学者。通称は悦三郎で諱は譲。号は瑞皐。

江戸幕府の異国船打払令を批判し開国を説くが、蛮社の獄による弾圧を受け獄死した。