スマートフォン用の表示で見る

高里椎奈

読書

高里椎奈

たかさとしいな

1999年、『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。 妖怪ミステリーの薬屋シリーズとファンタジー系の「ドルチェヴィスタ」(完結)「フェンネル大陸」シリーズがある。 著者本人のサイト→「White△」

著作リスト

  • 「薬屋探偵妖綺談」シリーズ
    1. 「銀の檻を溶かして」 (講談社ノベルス講談社文庫
    2. 「黄色い目をした猫の幸せ」 (講談社ノベルス講談社文庫
    3. 「悪魔と詐欺師」
    4. 金糸雀が啼く夜」
    5. 「緑陰の雨 灼けた月」
    6. 「白兎が歌った蜃気楼」
    7. 「本当は知らない」
    8. 「蒼い千鳥 花霞に泳ぐ」
    9. 「双樹に赤 鴉の暗」
    10. 「蝉の羽」
    11. 「ユルユルカ」
    12. 「雪下に咲いた日輪と」
    13. 「海紡ぐ螺旋 空の回廊」
  • ドルチェヴィスタ」シリーズ(全3巻完結)
    1. 「それでも君が」
    2. 「お伽話のように」
    3. 「左手をつないで」
  • フェンネル大陸 偽王伝」シリーズ
    1. 「孤狼と月」
    2. 「騎士の系譜」
    3. 「虚空の王者」
    4. 「闇と光の双翼」
    5. 「風牙天明

すべて講談社ノベルス