高齢運転者標識

一般

高齢運転者標識

こうれいうんてんしゃひょうしき

高齢運転者標識とは、日本の道路交通法に基づく標識の一つ。

70歳以上の運転者のうち、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある場合には、この標識をつけて普通自動車を運転するように努めることになっている。

表示する際には、運転する車両の前後の視認性の高い部分(地上0.4 - 1.2m以内)に掲示するものとしている。

周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せ割り込みなどの行為を行ってはならないと定められており、違反者は初心運転者等保護義務違反に問われる。

1997年道路交通法改正によって、75歳以上を対象に努力義務規程として導入され、2002年には、努力義務の対象年齢を75歳以上から70歳以上に引き下げる改正が行われた。

また、2011年2月1日よりデザインが変更されたが、当分の間は以前のデザインの標識を表示しても構わないことになっている。