合いの手

一般

合いの手

あいのて

意味

「間の手」とも。合間に挟む演技表現。

  1. 邦楽で、歌と歌の間に、三味線などの伴奏楽器だけで演奏する部分。
  2. 歌や踊りの調子に合わせて入れる手拍子や囃子詞
  3. 相手の動作や話の合間に挟む特異な動作や言葉。