スマートフォン用の表示で見る

合同結婚式

社会

合同結婚式

ごうどうけっこんしき

日本では、「世界基督教統一神霊協会」(統一教会)の行なう儀式のひとつを指すことが多い。

それは、統一教会の信者である多数の男女が同時に行なう結婚式で、結婚相手は教祖・文鮮明が指名するとされている。

1992年桜田淳子が参加したことでも知られるが、それ以降も何度も開催されている。