スマートフォン用の表示で見る

豪農

一般

豪農

ごうのう

多くの土地を所有し、財力や勢力を持った農家のこと。日本の場合、18世紀半ばに成立し、明治時代初期まで存在した。地主や地域の有力者としての側面だけでなく、小作人などへの高利貸しなども行ってきた。