スマートフォン用の表示で見る

国王行進曲

音楽

国王行進曲

こくおうこうしんきょく

スペイン語: Marcha Real、マルチャ・レアル

スペイン国歌および王室歌歌詞が無いことで知られている。

歴史

スペイン国歌ヨーロッパ最古の国歌の一つで、その起源は不明である。その最初の記録は、1761年にマヌエル・デ・エスピノーサ(Manuel de Espinosa)が書いた『スペイン歩兵の信号ラッパの命令の本』(Libro de Ordenanza de los toques militares de la Infantería Española)に登場する。曲は「擲弾兵行進曲?」(La Marcha Granadera)と題され、作曲者は不明である。

1770年にカルロス3世はこの曲を公式な「名誉の行進曲」とし、それにより公式行事や儀式といった演奏の場が与えられることになった。王室が来臨している公式行事で常に演奏されたため、スペインの民衆はすぐにこの曲を国歌とみなすようになり、「国王行進曲」と呼ぶようになった。

スペイン第一共和政スペイン第二共和政では「リエゴ賛歌」が「国王行進曲」にとって替わって国歌となった。しかし、スペイン内戦の終結の際に、フランシスコ・フランコが「国王行進曲」を旧名の「擲弾兵行進曲?」に改めた上でふたたび国歌に戻した。

スペイン1978年憲法の制定後の「国王行進曲」はフランシスコ・グラウ(Francisco Grau)に委任されたものである。1997年の10月に王室令は国歌としての「国王行進曲」の公的な使用の慣例化を公布した。現在においても歌詞をつける動きがあるが、バスクカタルーニャをはじめとする地域色の強い国内事情のため実現に至っていない。