国際金融のトリレンマ

社会

国際金融のトリレンマ

こくさいきんゆうのとりれんま

国際金融のトリレンマとは、国際金融政策において、以下に示す3つの政策を同時に実現することができないことを指す。

  1. 自由な資本移動
  2. 固定相場
  3. 独立した金融政策

この3つの政策が鼎立することはないことは、従来から「矛盾する三位一体(inconsistent trinity)」とか、「不可能な三位一体(impossible trinity)」などとして広く知られた命題であったが、オブストフェルドとアラン・テイラーがこれに「トリレンマ(open-economy trilemma, macroeconomic policy trilemma)」と命名したといわれている。

なお、上記3政策は単に同時実現が不可能である、ということだけでなく、1つを放棄すれば、残りの2つの同時実現は可能である、ということにも注意する必要がある。

すなわち、資本の移動規制によって固定相場金融政策の独立性を両立させる(例:中国人民元)か、変動相場によって資本移動の自由金融政策の独立性を両立させる(例:日本円、米ドル)か、金融政策の独立性を放棄して、資本移動の自由と固定相場を両立させる(例:ユーロ)の何れかとなる。