国際反ホモフォビアの日

一般

国際反ホモフォビアの日

こくさいはんほもふぉびあのひ

英名:International Day Against Homophobia

略称:IDAHO

1990年5月17日、WHOの国際障害疾病分類(ICD10)から「同性愛」を外すことが決定された、つまり「同性愛」は病気ではないと認められたことから、国際的に5月17日を「国際反ホモフォビアの日」としようという呼びかけが起こり、毎年世界各地で様々なイベント・活動が行なわれている。