UNHCR からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

国際連合難民高等弁務官事務所

こくさいれんごうなんみんこうとうべんむかんじむしょ

英文表記:Office of United Nations High Commissioner for Refugees(略称UNHCR

国際連合難民高等弁務官事務所は、世界各地にいる難民の保護と支援を行なう国際連合の機関である。

1951年国際連合総会によって創設され、スイスジュネーブを拠点に活動を開始した。

概要

当初は第二次世界大戦後の後遺症がまだ残るヨーロッパにおいて、100万人以上の難民の援助を行なっていた。

その後数十年間、世界各地で国を追われた人々が増えるにつれ、暫定機関であったUNHCRは、その存続期間を5年ごとに延長してきた。

2003年12月、国連総会はその存続期限を撤廃することを決定し、UNHCRは難民問題が解決するまでの恒久的機関となった。

UNHCRの支援対象者は2011年末には世界中で3544万人にもおよび、難民は1040万人、UNHCRの保護対象となっている国内避難民(2010年の1470万人に比べ2011年には1547万人に)の数には増加が見受けられる。

UNHCRにとって支援対象者は難民だけではなく、庇護希望者や帰還民、無国籍者、さらに約2640万人にも及ぶと推定される国内避難民の一部も含まれる。

創設以来、UNHCRは数千万人以上の生活再建を支援し、1954年と1981年の二度にわたりノーベル平和賞を受賞している。

現在、国際連合難民高等弁務官を務めるのは、元ポルトガル首相アントニオ・グテーレスで、2005年6月15日に第10代高等弁務官として就任した。高等弁務官経済社会理事会国連総会に対して報告義務を負っている。UNHCRの年間計画は、現在87の国によって構成される執行委員会によって承認されている。