スマートフォン用の表示で見る

国司

一般

国司

こくし

律令制において令制国の管理を行う役所。

平安時代藤原氏が中央政権を握るようになると、中央での昇進をあきらめて儲かる国司になる貴族が増えていった。

江戸時代では『禁中並公家諸法度』により武家員外官に就くことになっていたのだが、上野員外介などとは言わず省略して上野介といった。

職員構成

長官
守(かみ)
次官
介(すけ)
判官
掾(じょう)(大掾少掾)
主典
目(さかん)(大目(だいさかん)、少目(しょうさかん))

リスト:二文字キーワード