国枝慎吾

スポーツ

国枝慎吾

くにえだしんご

プロ車いすテニス選手。

1984年2月21日生まれ、千葉県出身。

9歳で脊髄腫瘍により車いす生活となる。

11歳から吉田記念テニス研修センターで車いすテニスを始め、17歳より現在のコーチである丸山弘道の指導を受ける。

2004年、アテネパラリンピックに出場、ダブルスで金メダルを獲得。

2006年10月、初の世界ランキング1位となる。

2007年、車いすテニス男子シングルスで史上初となるグランドスラム(全豪オープン日本オープン全英オープン全米オープンの4大大会制覇)を達成、国際テニス連盟より世界チャンピオンに選出された。

2008年の北京パラリンピックではシングルス金メダル、ダブルスで銅メダルを獲得。

2009年よりプロに転向し、以後ユニクロに所属。

2013年、全豪オープン車いすの部で2年ぶり6回目のシングルス・ダブルス2冠を達成。