国事御用掛

社会

国事御用掛

こくじごようがかり

日本における江戸時代幕末に国事を議するために設けられた役職。王政復古の大号令により廃止された。