国宗

アート

国宗

くにむね

日本の鎌倉時代中期の備前国出身の刀工。通称は備前三郎。

京都を経て鎌倉に定住し、新藤五国光技法を伝授したと言われている。