スマートフォン用の表示で見る

国性爺合戦

アート

国性爺合戦

こくせんやがっせん

正徳5年(1715年)、大坂の竹本座で初演。江戸時代初期、中国人を父に、日本人を母に持ち、台湾を拠点に明朝の復興運動を行った鄭成功(国性爺、史実は国姓爺)を題材にとった人形浄瑠璃。のちに歌舞伎化もされる。近松門左衛門作。