スマートフォン用の表示で見る

国鉄キハ20系気動車

一般

国鉄キハ20系気動車

こくてつきはにじゅうけいきどうしゃ

日本国有鉄道が開発した気動車

1957年昭和32年)に登場し、1965年昭和40年)まで製造され、キハ17系に代わって普通列車用に全国に配置された。

本州向けにキハ20キハ25・キハユニ26・キハ52が、北海道向けにキハ21・キハ22・キハユニ25が作られた。なおキハ25・キハユニ25・キハユニ26は片側のみ運転台がついており(他は両運転台)、キハ52はエンジンが2つ付いている。

JRグループでは2010年ごろまでに新型気動車の登場で置き換えられた。

またキハ20はひたちなか海浜鉄道水島臨海鉄道に残っている。

主な運用線区

JR東日本

JR西日本

島原鉄道