国鉄101系電車

地理

国鉄101系電車

こくてつひゃくいちけいでんしゃ

概要

日本国有鉄道国鉄)が昭和32年1957年)から製造した通勤型電車。当初は「国鉄モハ90系電車」と呼ばれた。

カルダン駆動方式と全金車体を全面的に採用した、国鉄でいう新性能電車の最初のグループに含まれるものの一つ。

大都市圏の通勤路線で長編成で使用することを前提としたため、従来の電車が伝統的に1両で完結するシステムとなっていたのを改め、電動車を2両一組とし、一組で1つあれば済む機器の省略・集約化を行うなどの合理化がなされている。

構造

従来の車両では木材を一部構造物として利用することもあったが、これをやめ、全面的に金属と合成物質を使用した全金属車体となった。

車体寸法は63型電車から採用され72系電車でも踏襲した、近距離の大量輸送に最適化した20メートル4ドアロングシートの設計を採用。乗降用ドアは従来の片開きドアより幅広の両開きドアとして、乗降の効率化を図った。

車体デザインは国鉄72系電車?の最終型を引き継ぎ、平面構成の四角い車体として、無駄なスペースの少ない合理的なものとなっている。従来のぶどう色の外部塗色をオレンジなどの明るい色に変えたのも、通勤用電車では101系電車が初めてである。オレンジ色の中央線に続いて導入された山手線では色をカナリアイエローに変えたことで、以後現在まで続く、路線を色によって区別する方式が定着した。

駆動装置は、台車枠と車軸に支持されたモーターの動力を歯車で直接車軸に伝えるつりかけ駆動から、台車枠に固定されたモーターの動力を撓み継ぎ手により車軸に伝えることでエネルギーロスを少なくしたカルダン駆動に変更した。

車種

バリエーション

原型
(0番台)
-
低屋根車
(800番代)
トンネルが古くて小断面の、中央線高尾以西運用を可能とした車両。
パンタグラフ設置部分のみ屋根が低い低屋根構造?を採用。
難燃性強化車
(1000番代)
武蔵野線旅客化の際に長距離のトンネルで運用するため耐火性を強化したもの。
秩父鉄道譲渡秩父鉄道譲渡された車両。独自の改造が行われている。*1
試作車
(900番台)
押込み式通風器*2を使用していることや、雨樋が張り上げ屋根風に処理されていることが特徴。後に量産車同様に改造された。

使用線区

使用線区備考
中央線(快速)
(当初は中央線急行
オレンジバーミリオン101系最初の投入線区。
中央・総武線(各駅停車)
総武本線成田線・房総西線?
カナリアイエロー昭和47年までは、成田線成田・房総西線(現:内房線木更津まで走る快速電車にも運用された。
山手線カナリアイエロー山手線象徴であるウグイス色は103系から採用された。
赤羽線
(現:埼京線
カナリアイエロー-
京浜東北線スカイブルースカイブルーの101系新製配置はここのみで、希少な存在。
武蔵野線オレンジバーミリオン長大トンネル対策として、1000番台車が投入された。
青梅線オレンジバーミリオン京浜東北線転属の車両が、非常に短い期間スカイブルーのまま使用されていた。
五日市線オレンジバーミリオン-
下河原線?
(東京競馬場線?
オレンジバーミリオン通勤時間帯や東京競馬場多客輸送で使用、昭和48年廃線
南武線カナリアイエロー?当初はオレンジバーミリオンで、快速に使用された。
南武支線
浜川崎支線)
独自カラー*3JR101系電車が最後まで運用された。ワンマン改造車を使用。
鶴見線カナリアイエローオリジナル101系最後の舞台。
仙石線-(ピンチヒッター)国鉄末期にピンチヒッターで短期間使用された。
大阪環状線
(当初は城東線・西成線)
オレンジバーミリオン-
桜島線
(当初は西成線)
オレンジバーミリオン大阪環状線からの101系撤退で一度は姿を消すが、JR発足後に片町線から転属した101系が活躍し、関西地区最後の101系使用線区となった。
片町線オレンジバーミリオンJR西日本発足後も活躍した。
関西線関西線*4昭和57年の大水害で大きな被害を受け、廃車予定だった首都圏101系が大挙して応援に駆けつけた。
秩父鉄道独自カラー*52007年に鉄道博物館開館にあわせ、旧国鉄カラーに一部変更。後に独自カラーに戻される予定。1985-1989年にかけて、国鉄JRから36両を購入。2009年からは新しく購入した車両と入れ替えが進み、現在残る2編成も2014年2月22日のイベント後に引退、廃車になる予定で、形式として完全に消滅することになる。
f:id:Sagittarius_Arrow:20131231001423j:image

評価

国鉄最初のカルダン駆動車として、その後のすべての国鉄新性能電車の原型となったともいえる、歴史上重要な形式である。

ただし、設計当初は、中央線の殺人的混雑を緩和することが求められていたため、全電動車を想定し、高加減速性能を持たせて、列車間隔を小さくすることを目標としていた。しかし、試用の結果、投入費用の割にはあまり効果がないことがわかり(101系は非常に高価だった)、結果として、101系より性能を落とした国鉄103系電車の大量製作が行われると共に、混雑線区の複々線化が推進されることになった。そのような経緯もあり、国鉄では101系以降の電車を「高性能車」とは呼ばず、「新性能車」と呼んだ。

この問題は、国鉄に限らず大都市私鉄でも直面していた問題で、当時は乗客の増加が車両新製のペースを大きく上回っており、その結果、性能よりも量とコストを優先させた通勤型電車が、大量に製作されることとなった。

*1:2004年以降唯一の現役である。

*2:量産車はグローブ式

*3アイボリー地に、エメラルドグリーン?ディープグリーンの帯

*4ウグイスカナリアイエローの警戒帯

*5:当初はカナリアイエローにブドウ色の帯。1993年頃から、白地に赤・青を組み合わせた帯