国鉄213系電車

一般

国鉄213系電車

こくてつにひゃくじゅうさんけいでんしゃ

日本国有鉄道JR西日本JR東海の近郊形直流電車

先に登場した国鉄211系電車を2扉1M方式にした車両。

JR西日本所属車両(0番台、岡山電車区電車センター)

瀬戸大橋線快速用として、国鉄分割民営化を目前にした1987年にデビュー。213系国鉄の最終形式でもある。117系の流れを汲む2ドアで転換式主体のオールクロスシート配置で、外観はステンレス車体に濃淡ブルーの帯が入る。

1988年に瀬戸大橋線が開通するまでの1年間は、宇野線岡山−宇野間の快速「備讃ライナー」に充当され、宇高連絡船と接続した。瀬戸大橋線開通後は、岡山−高松間の快速マリンライナー」へと活躍の舞台を移し、早朝・深夜帯を除いて高松方先頭にパノラマグリーン車のクロ212形を連結して運転された。同時にクロ212形と車体が同一のジョイフルトレイン「スーパーサルーンゆめじ」も新製された。岡山方からクモロ211-1+モロ210-1+クロ212-1001の3両編成で、車番からも分かるように電動車はユニット方式であるため211系である。本来の用途である団体列車の他、クモロ+モロとクロに編成を分割し、「マリンライナー」のグリーン車としても使用されることがあった。

瀬戸大橋線開通から15年後の2003年10月1日ダイヤ改正で、後継のJR西日本223系電車5000番台・JR四国5000系電車に「マリンライナー」の座を譲った。わずか15年で置き換えられたのは、213系は最高速度が110km/hで更なるスピードアップが困難であり、JR四国としても利用客が減少傾向にあった瀬戸大橋線の利用をつなぎとめる対策を迫られたことや、同系が全車JR西日本の所属であるため、JR四国にとって車両使用料が負担になっていたことが背景にある。「マリンライナー」引退後は岡山地区の普通列車に転用され、あわせて一部はワンマン運転対応改造を受け、サハ213形を先頭車化改造したクハ212形100番台が誕生した。クロ212形はクロ212-1がJR西日本在来線技術試験車「U@Tech」に改造された他は運転台機器などを先頭車化改造車に譲った形で廃車され、同時にワンマン改造で余剰になったサハ2両も廃車されている。なお、スーパーサルーンゆめじはその後も残存して2010年まで活躍した。

2012年より種別幕・方向幕のLED化、半自動ドアボタンの設置、車両間転落防止幌設置するなどの更新工事が施工された編成が登場している。

JR東海所属車両(5000番台、神領車両区

JR東海には213系0番台を自社向けにアレンジした5000番台が存在する。2両編成で、湘南色の帯が入り、車端部はロングシートである。トイレは製造時はなかったが、現在は設置。H1〜H14編成の14本28両が在籍する。

新製当時は神領車両区に配置され、後に大垣車両区に転属となり名古屋口の関西本線東海道本線で運用されていたが、313系投入で311系東海道線運用に余裕ができ、関西本線でも昼間の普通が313系3000番台のワンマン列車に置き換わったことに伴って再び神領車両区に転属し、中央西線での運用が主体となった。さらにその後、飯田線転用のため2011年から半自動扉、トイレ改造が近畿車輛にて2編成単位で順次実施されて、施行された編成から大垣車両区へ転属、2011年11月下旬から飯田線での運用を開始している。2012年3月上旬神領区からすべての編成が大垣区に転属した。

現在は飯田線で運用されている。

国鉄213系電車
目次
  • 国鉄213系電車とは
    • JR西日本所属車両(0番台、岡山電車区電車センター)
    • JR東海所属車両(5000番台、神領車両区)