C59型 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

国鉄C59形蒸気機関車

こくてつしーごじゅうきゅうがたじょうききかんしゃ

日本国有鉄道の前身である鉄道省が設計した旅客蒸気機関車

東海道本線山陽本線旅客需要に応えるために1941年(昭和16年)から製造が開始された。デビュー当初は特急かもめ」などの牽引に活躍し花形機であったが東海道本線・山陽本線の全線電化と共に余剰が生じ、一部は国鉄C60形蒸気機関車に改造され改造を受けなかったものは呉線鹿児島本線などに転属した。

主要諸元

  • 全長:21,360mm(戦後型は21575mm)
  • 全高:3,980mm
  • 軸配置:2C1(パシフィック
  • 動輪直径:1750mm
  • シリンダー(直径×行程): 520mm×660mm
  • ボイラー圧力:16.0kg/cm²
  • 火格子面積:3.27m²
  • 全伝熱面積:241.3m²
  • 過熱伝熱面積:71.1m²
  • 全蒸発伝熱面積:170.2m²
  • 煙管蒸発伝熱面積:155.8m²
  • 火室蒸発伝熱面積:12.7m²
  • ボイラー水容量:7.8m³
  • 大煙管(直径×長サ×数):140mm×6000mm×28
  • 小煙管(直径×長サ×数):57mm×6000mm×90
  • 機関車重量(運転整備):80.25t
  • 最大軸重(第3動軸で):16.17t
  • 炭水車重量(運転整備):56.90t
  • 機関車性能:シリンダ引張力−13860kg
  • 粘着引張力:12125kg
  • 動輪周馬力:1702PS

保存機(全て静態保存)


リスト::鉄道車両の形式::機関車