C60型 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

国鉄C60形蒸気機関車

こくてつしーろくじゅうがたじょうききかんしゃ

日本国有鉄道で運行していた旅客蒸気機関車

1953年昭和28年)から1955年(昭和30年)、1960年昭和35年)、1961年昭和36年)に国鉄C59形蒸機機関車?の軸配置を変更する改造をした。C59は軸数が少なく軌格が高い路線向きであったために東北本線鹿児島本線に入線させるため、C59では2C1(パシフィック)であった軸配置を2C2(ハドソン)に変更している。

主要諸元

  • 軸配置 2C2(ハドソン
  • 動輪直径 1750mm
  • 機関車運転重量 82.90t
  • ボイラー圧力 16.0kg/cm²

保存機


リスト::鉄道車両の形式::機関車