国鉄EF52形電気機関車

一般

国鉄EF52形電気機関車

こくてついーえふごじゅうにがたでんききかんしゃ

日本国有鉄道の前身である鉄道省が主導して、1928年(昭和3年)から1931年(昭和6年)にかけて日立製作所芝浦製作所汽車製造三菱電機川崎造船所川崎車輌により製作された直流電気機関車

概要

日本では大正時代までは、勾配線区を除くと、幹線の電化はほとんど見られなかったが、東海道本線の電化の進展に伴い、海外から電気機関車を輸入して使用するようになった。動軸6軸(F級)の電気機関車としては大正末期に、イギリスから輸入したEF50形や、アメリカから輸入したEF51形が存在した。電気機関車の技術が未熟だった日本でも、これらの輸入機関車を基に、急行旅客用の電気機関車の国産化を目指した。そこで、鉄道省が音頭をとり、日本の電機メーカーや車両メーカーの総力を結集して製作された、国産最初のF級電気機関車が、EF52形である。

仕様など


リスト::鉄道車両の形式::機関車