EF58型 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

国鉄EF58形電気機関車

こくてついーえふごじゅうはちがたでんききかんしゃ

日本国有鉄道が製造した旅客列車牽引用電気機関車

歴史

1946年から1948年にかけて初期車31両が製造された。これは戦前からの箱形車体従台車付きの旧来のスタイルで登場した。

1952年から量産が再開され、初期車とは別形式とも言える流線型を取り入れた車体を持つ機関車になった。改良型は高速運転時の性能に優れ、特急列車の牽引にしばしば用いられた。

1958年まで製造が続けられ合計172両が製造された。

主要情報

全長19,900mm
全幅2,800mm
全高3,926mm
軸配置2C+C2
最大軸重14.4t
電気方式1,500V
定格出力1,900kW
定格引張力10,250kg
最高運転速度100.0km/h
主電動機MT42×6
動力伝達装置吊り掛け式
歯車比1:2.68
制御装置電磁空気単位スイッチ式
ブレーキ装置EL14AS 空気ブレーキ手ブレーキ
台車形式主台車HT60、先台車LT221
保安装置ATS-S形 EB装置 TE装置

備考 1952年以降の改良型

保存機


リスト::鉄道車両の形式::機関車