国鉄EF63形電気機関車

一般

国鉄EF63形電気機関車

こくてついーえふろくじゅうさんがたでんききかんしゃ

日本国有鉄道が開発した直流電気機関車

信越本線横川駅軽井沢駅間の「碓氷峠」の急勾配対策の為、当時の国鉄が勾配用補機機関車として1962年昭和37年)から導入した。

それまでの碓氷峠対応機関車が、ラックレール方式を採用して勾配対策をしたのに対し、当形式は純粋な車輪粘着のみで勾配に対応。

各種方式のブレーキを搭載して勾配に挑んだ。

鉄道愛好家の間で存在感が大きく、「峠のシェルパ」の愛称で親しまれた。

極めて長期間使用されてきたが、1997年平成9年)9月30日、長野新幹線営業開始に伴い、横川〜軽井沢間の碓氷峠区間の運転終了によるその任を終えた。

碓氷峠廃止に伴い、その1年程前から塗装の旧塗装化など各種イベントが行われた。

群馬県安中市にある碓氷峠鉄道文化むらにて、運転体験用の機関車として一部が動態保存されている。


リスト::鉄道車両の形式::機関車