国道13号線

地理

国道13号線

こくどうじゅうさんごうせん

福島秋田とを結ぶ一般国道。総延長306.1km。JR奥羽線のルートにほぼ一致する。

福島市を起点に栗子峠で山形県に入り、山形県東部の米沢・村山・新庄盆地を貫く。

主寝坂峠と雄勝峠で秋田県に入ると、湯沢・埃蝓大曲などの秋田県南部の主要都市を経由し、終点の秋田市までを結ぶ。

羽州街道。ただし旧羽州街道が宮城県の七ヶ宿を経て金山峠で上山市から山形入りしたのに対し、

国道は明治期より開発が進められた栗子峠(万世大路)で、米沢市から山形県に入っている。

主な経由地

米沢市南陽市上山市山形市天童市村山市尾花沢市新庄市湯沢市横手市大曲市


ちなみに大阪天王寺から南に伸びている道路のことを国道13号線と呼ぶのは俗称で、国道26号線と併走しているこの道路のことをその半分ということで付いたという説と、昔に「十三軒道路」と呼ばれていたことからという説がある。正式には府道32号線。

たまに大阪から秋田まで伸びている道路と勘違いする人が、関西にはいる。