スマートフォン用の表示で見る

国道336号

地理

国道336号

こくどうさんびゃくさんじゅうろく

別名

渡船国道

豊頃・浦幌町界付近を流れる十勝川には、1992年11月まで国道に橋がなく、十勝川の両岸を渡船が連絡するという国内最後の「渡船国道」であった。十勝河口橋完成により国道は陸側を走行するようになり、国内から渡船国道は消滅した。現在、渡船場跡には記念碑が建立されている。