スマートフォン用の表示で見る

国内排出量取引

一般

国内排出量取引

こくないはいしゅつりょうとりひき

一定期間に排出できる量を排出枠として各企業などに割り当て、過不足分を売買する仕組みのこと。目的は温室効果ガス排出量を削減すること。


省エネ努力で枠以上に減らせれば利益になり、枠を超えて排出すると損失になる。欧州連合(EU)は05年に導入し、米議会も法案を審議中である。