国防動員法

社会

国防動員法

こくぼうどういんほう

2010年、中国で採択された法律。「国家主権、統一、領土が脅威に直面する時」動員令が発令されるというもので、その効果は、中国の内外どこにいるかを問はず、中国人男女に「国防勤務」を課すこと、全ての施設、財産の徴用、金融、交通、マスコミ医療の統制等が可能となる。

西村眞悟など、日本を仮想敵として制定された法律*1であると考える論者もいる。