国民の休日

社会

国民の休日

こくみんのきゅうじつ

日本において、国民の祝日に関する法律祝日法)第3条第3項で定められた休日の通称。

国民の祝日によって前後を挟まれた日を休日とするもので、2006年までの5月4日などが該当していた。

ハッピーマンデー制度の導入に伴い、敬老の日が9月第3月曜日となったため、9月第3水曜日(22日か23日)が秋分の日となる場合、その間の9月第3火曜日(21日か22日)に国民の休日が適用される。土日と合わせると5連休となり、秋の大型連休(俗称:シルバーウィーク)が生じることになる。このケースが最初に生じるのは2009年で、次は2015年