スマートフォン用の表示で見る

国民楽派

音楽

国民楽派

こくみんがくは

人間的な感情表現に重点を置いてきたロマン派に対し、自国の民族音楽の要素を取り入れた音楽を展開していった人たち。北欧東欧スペインロシアなど、ドイツフランスの周辺国で隆盛した。ロシア5人組がその最初とされている。交響詩など、題材描写的な音楽が多いのも特徴である。