スマートフォン用の表示で見る

国民生活基礎調査

社会

国民生活基礎調査

こくみんせいかつきそちょうさ

厚生労働省が政策の基礎資料とするため、1986(昭和61)年から毎年実施しているもの。世帯ごとの平均所得や人員構成などの調査を行う。

3年ごとの大規模調査で、保健、医療、福祉、介護などについてもデータを収集する。