スマートフォン用の表示で見る

国連人権高等弁務官事務所

社会

国連人権高等弁務官事務所

こくれんじんけんこうとうべんむかんじむしょ

Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights)英語の略称は、「OHCHR」。

国際連合に属する組織の一つで、世界各国における人権の保護と啓蒙を目的として活動する。スイスジュネーヴに本部を置き、500名あまりの職員数を抱える。

国際的な人権保護の専門組織の設置を求めるアメリカ合衆国などの提案に基づき、1993年国際連合総会でのウィーン宣言及び行動計画の承認の決議により、設立が決定された。組織のリーダーである高等弁務官には、国際連合の事務次長クラスが当てられ、国際連合人権理事会と協力しながら、国連機関における人権問題に関する活動を統率する。

人権高等弁務官事務所の権限は、国際連合憲章の第1、13、55章、及びウィーン宣言及び行動計画第2部第17,18項、1993年12月20日の国際連合総会決議48、141に基づく。