黒の日

一般

黒の日

くろのひ

9月6日。

京都黒染工業協同組合が「黒染めの日」として、1989年に制定した。

当初は、黒紋服や黒留袖の普及を図ることを目的にしていたが、現代では、「黒」が拡大解釈され、9月6日当日は「黒いものを食べて元気になろう(食品・流通業界)」という趣旨のキャンペーンがよく見られる。