スマートフォン用の表示で見る

黒沢清

映画

黒沢清

くろさわきよし

特色

  • 自らもシネフィルであり、世界の映画マニアから注目を集める存在。
  • 90年代におけるJホラーブームの中心人物の一人。
  • 理論家であり、批評家としての著作も多い。

略歴

作品

書籍

  • 1992年12月発行『映像のカリスマ-黒沢清映画史
  • 1997年10月発行『CURE
  • 2001年1月発行『回路』
  • 2001年2月発行『映画はおそろしい』
  • 2006年7月発行『黒沢清の映画術』
  • 2006年8月発行『映像のカリスマ・増補改訂版』
  • 2007年『映画のこわい話』
  • 2008年『恐怖の対談―映画のもっとこわい話』
  • 2009年『東京から 現代アメリカ映画談義』