スマートフォン用の表示で見る

黒田一博

スポーツ

黒田一博

くろだかずひろ

プロ野球選手(外野手)。

右投右打。背番号は8番。


1924年生まれ。長崎県出身

佐世保商業から青木産業、八幡製鉄を経て1949年南海ホークスに入団。

1950年中堅手の定位置を獲得。

強肩の外野手として1951年から1953年リーグ優勝ホークス第1期黄金時代の形成に大きく貢献。

1954年、高橋ユニオンズ1955年よりトンボユニオンズ)に移籍。

1956年大映スターズに移籍。

同年、現役引退。大阪市にスポーツ用品店「黒田スポーツ」を開店。

また、ボーイズリーグ・オール住之江の監督・総監督を務めるなど、少年野球指導に力を入れていた。*1


2007年8月17日、肺がんのため広島市内の病院で逝去。


黒田博樹は次男。

*1:チームには黒田博樹のほか川井貴志田上秀則が在籍経験あり。