スマートフォン用の表示で見る

黒田喜夫

読書

黒田喜夫

くろだきお

詩人。評論家。

山形県寒河江の生まれ。高等小学校卒業後、上京して京浜工業地帯で工場労働者として働く。戦後は日本共産党に入党、郷里で農民運動に参加するが胸を病み、療養しながら詩作を行う。プロレタリア前衛詩人として活動。関根弘菅原克己らと同人誌「列島」を始め、1959年、第一詩集『不安と遊撃』を刊行、翌年H氏賞を受賞する。

評論家としては、ヤマト歌謡の調べをメルクマールに南島沖縄から北方アイヌまでを渉猟した。

また、一時、早川書房に勤務し、「EQMM」編集部に属した。

プロレタリア詩と前衛詩の結合において戦後詩の一つの極北を示す詩人である。


著書

『不安と遊撃』 飯塚書店, 1959

『死にいたる飢餓 評論集』 国文社, 1965

黒田喜夫詩集思潮社, 1966

『詩と反詩 全詩集・全評論集』 勁草書房, 1968

黒田喜夫詩集思潮社, 1968(現代詩文庫)

『負性と奪回』 評論集 三一書房, 1972

彼岸と主体』 河出書房新社, 1972

『自然と行為 評論・対談集 日本近代の意識下から』 思潮社, 1977

『不帰郷』 思潮社, 1979

『一人の彼方へ』 国文社, 1979

『人はなぜ詩に囚われるか 評論集』 日本エディタースクール出版部, 1983

黒田喜夫全詩』 思潮社, 1985