黒田秀忠

社会

黒田秀忠

くろだひでただ

日本の戦国時代越後国の武将。越後上杉氏の家臣。

黒滝城城主で、越後守護代長尾晴景に対して謀反を起こしたために越後守護の上杉定実の命を受けた晴景の弟である長尾景虎(後の上杉謙信)によって滅ぼされた。