スマートフォン用の表示で見る

黒田東彦

社会

黒田東彦

くろだはるひこ

黒田東彦(1944年10月25日 - )は、日本の銀行家。元財務官僚。第8代アジア開発銀行総裁、第31代日本銀行総裁

略歴

1944年10月25日、福岡県大牟田市生まれる。

1960年3月、東京教育大学附属駒場中学校(現・筑波大学附属駒場中学校)卒業。

1963年3月、東京教育大学附属駒場高等学校(現・筑波大学附属駒場高等学校)卒業。

1967年3月、東京大学法学部卒業*1

1967年4月、大蔵省入省(大臣官房文書課配属)。

1971年9月、オックスフォード大学経済学研究科修士課程修了。

1974年7月、国際金融局国際機構課課長補佐

1975年6月、派遣職員(国際通貨基金

1978年7月、主税局調査課課長補佐。

1980年7月、主税局税制第二課課長補佐。

1981年7月、大臣官房企画官兼主税局総務課。

1984年7月、三重県総務部長。

1986年6月、官房参事官。

1987年7月、国際金融局国際機構課長。

1988年12月、大蔵大臣村山達雄秘書官事務取扱。

1989年8月、主税局国際租税課長。

1990年1月、主税局税制第一課長。

1991年6月、主税局総務課長。

1992年7月、大臣官房参事官(副財務官)。

1993年7月、大阪国税局長。

1994年7月、大臣官房審議官(国際金融局担当)。

1995年6月、国際金融局次長。

1996年7月、財政金融研究所長。

1997年7月、国際金融局長。

1999年7月、財務官

2003年1月、財務省退官。

2003年3月、内閣官房参与

2003年7月、一橋大学大学院経済学研究科教授就任。

2005年2月、第8代アジア開発銀行総裁就任。

2013年3月18日、アジア開発銀行総裁辞任。

2013年3月20日、第31代日本銀行総裁就任。

*1:在学中には司法試験に合格