スマートフォン用の表示で見る

黒猫館の殺人

読書

黒猫館の殺人

くろねこかんのさつじん

ミステリ作家、綾辻行人の著作。館シリーズ第6作。

6つめの「館」への御招待──自分が何者なのか調べてほしい。

推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨劇に潜む真相は。

黒猫館の殺人 (講談社ノベルス) 黒猫館の殺人 (講談社文庫)