黒柏鶏

動植物

黒柏鶏

くろかしわ

 昭和26年9月にに天然記念物に指定されました。主な飼育地は島根県山口県です。体重は雄2,800g、雌1,800gで、羽色は黒色、冠は単冠です。文章はhttp://raumenzuki.hp.infoseek.co.jp/jidori.htmから転載。


 写真はhttp://www.oidemase.or.jp/db/a/detail.php?city=35206&id_num=35206aa0000002862&p=5から転載。島根県山口県でかなり古くから飼育されてきた中型の大きさの鶏で、県内では、山口・防府徳山の付近だけで飼育されているといわれています。なお、防府市の玉祖神社内には黒柏発祥の地という石碑があります。2008年の夏に行ったときは、神社黒柏鶏が飼育されていました。現物があんなにいっぱいいるのは初めてでしたが、アクセスが少し悪いので車で行くことをお勧めします。