スマートフォン用の表示で見る

黒木和雄

映画

黒木和雄

くろきかずお

映画監督リスト::映画監督

1930年三重県松阪市生まれ。宮崎県えびの市出身。

1954年岩波映画に入社。ドキュメンタリー映画の演出を務める。

1966年、初の劇映画『とべない沈黙』を発表。斬新な表現と現代性で熱狂的なファンを生む。その後、キューバ国立映画芸術協会との合作映画『キューバの恋人』(69)を制作。

70年代はATGを基盤に『日本の悪霊』(70)『竜馬暗殺』(74)『祭りの準備』(75)『原子力戦争-LOST LOVE-』(78)と意欲作を次々に発表。また、『竜馬暗殺』に感銘を受けた勝新太郎と組み、「新・座頭市」「警視‐K」シリーズのTV作品も手掛ける。

80年代以降は『夕暮まで』(80)『泪橋』(83)『TOMORROW/明日』(88)『浪人街』(90)『スリ』(00)『美しい夏キリシマ』(03)『父と暮せば』(04)と一作ごとに注目を浴びた。

2006年4月12日没。遺作は『紙屋悦子の青春』(2006年8月公開)。