スマートフォン用の表示で見る

黒歴史::コンピュータ

はてなダイアリークラブ黒歴史」の子キーワード

ゲーム関連を除く、コンピュータ全般に関する黒歴史の一覧です。(ゲーム関連は「黒歴史::ゲーム」「黒歴史::ゲームソフト」へ)

黒歴史の基準・登録上の注意など、一度keyword:黒歴史を参照してからご覧ください。

PC本体関連

NEC関連

  • PC-6601
  • PC-6601SRの愛称「六本木パソコン」
  • PC-8001mkIIにおけるN80-BASICモード(≠N-BASICモード)
  • PC-8001mkIISR(何気に意欲作だったがPC-8801mkIISRと同時期に出して完全敗退)
  • PC-8801MC(すでに時代遅れになっていたPC-88を無理矢理マルチメディアブームに対応させるも以下略。ちなみに別売りCD-ROMユニットがPCエンジンCD-ROM2システムと同じ)
  • PC-98DO(すでに時代遅れになっていたPC-88に無理矢理PC-98を詰め込んだ)
  • PC-88VA、および搭載していた3.5インチ2TDフロッピー
  • ポケコンとしてもハンドヘルドとしても中途半端なサイズだったPC-2001
  • 意欲的な設計ながらロードランナー専用機と言われたPC-100
  • NECにおけるPC-100とPC-8200がアスキー設計・京セラ製造のOEMであるという事実
  • PC-98XL2及びPC-98XL2-07L(機能拡張プロセッサ)。最初期バグ持ちi386とその修正版セットでドン
  • PC-98XA、PC-98LT/PC-98HA=Handy98(98ソフトが動かないPC-98。もしHAがVM2互換であったら日本のモバイルコンピューティングの歴史は大きく変わっていた)
  • PC-98GSのマルチメディアモード(後のPC-9821とは別仕様)、および存在そのもの
  • PC-H98とNESAバス
  • 初代98NOTE発売当時、PC-9801互換でレジュームはできないと断言していたこと(直前に出たEPSON機や半年後のPC-9801NVではあっさり実現)
  • PC-9801NL(当時のノートPCの主流CPUが32bitのi386xx・i486xxであったのにNLは16bitCPUのV30HLに加え、PC-9801nvのFDD外付け版と言われても仕方ない中途半端な設計だった)
  • PC-9801FA/DA等のシステムクロック8MHz系製品
  • シャープPC-98互換機MZ-2861・トムキャットの98互換BIOSおよびバーチャル98・エプソンAT互換機用98互換拡張ボード98/V
  • PC-FXが動く拡張ボードPC-FXボード(CanBe専用)、PC-FXGA(98(Cバス)版とAT互換機(ISA)版がある)
  • 商品名としてのPC98-NX
  • 最初期のPC98-NXに付いていた(のに塞がれていた)PS/2キーボードマウスコネクタ
  • そもそも「PC-98」と名のつく機種全て(PC-98「01」のデファクトスタンダードにより結局受け入れられなかった)

シャープ

  • MZ-2000用16ビットボードMZ-1M01(結構な値段、取付けが難しい、8ビットより遅いといういわく付き)
  • X1Dにおける3インチFD
  • X1誕生5年目の解答が、PC-Engineを内蔵したX1twin
  • X1TurboIIIを発売した翌月にX1TurboZを発売
  • シャープにおけるPCシリーズ(ポケコンPC-1xxxから派生したPC-3100/3200。MZ-3500に吸収されたがこれも……)
  • MZ-2861(16ビット時代に乗り遅れついにNECの互換機を出したが互換性が低く相手にされず)
  • X68000
    • Compact(遅ればせながら3.5インチ化するもののソフトの供給がほとんどなし)

Apple関連

  • Apple III
Lisa(当時としては珍しくGUIを持つOSを採用したパソコンであったが、あまりにも高価だった為普及には至らず。後に出たMacintosh人気に便乗しMacintosh XLと改名し在庫処分)Apple先進性を

富士通関連

  • FM-8等の外部記憶装置だったバブルメモリ
  • バブルメモリを採用しFM-8にそっくりだがZ80搭載のBUBCOM80
  • 同じ名前で互換性がないFM-11ADとBSCPUが6809のみのST/AD・6809と8088デュアルのEX・8088のみのBSというラインアップがあった)
  • FM-16β/πおよびCP/M-86の採用
    • FM-16β/πの愛称が「ベティ」「ヘレン」と女性名だったこと
  • TOWNS-Martyの存在(パソコンとしては使えないしゲーム機としても中途半端)
  • 初期型FMVシリーズにおけるメモリーの相性の厳しさ
  • '95〜97年あたりに発売されたFMVとサードパーティ製品との相性の悪さ(「FMVはサポートしません」と製品カタログに書かれてしまう始末)
  • FM-RCARD(1kgを切るノートPCだったが時代が10年早かった)

その他

ハードウェア関連(PC本体除く)

ソフトウェア関連

Microsoft

その他

  • ASCII版日本語MS-DOS 2.11V(無意味なバージョンチェックで大迷惑)
  • ATOK6におけるFAT16への非対応(独自のファイルI/Oで高速化していたため大容量HDDをクラッシュさせるバグが露見するもサポートなし)
  • NECMS-DOSにあったEPSONプロテクト
  • ジャストシステムにおけるJS-Window
  • 統合ソフトシリーズ「シロッコ」(1986年ごろ、派手に発売予告広告を打っていたが、結局まったく製品は出なかった。砂漠の熱い風に吹かれて蒸発したとも)
  • LotusにおけるJazz, Symphony他、1-2-3依存を脱却すべく開発されていた各種統合ソフト
  • ロータスジャストシステムが共同開発したノートPC用統合ソフト「Harmony」(1-2-3と一太郎のサブセットを1枚のフロッピーで運用可能にしたもの)
  • コンパイルの運命を決めてしまったビジネスソフト「POWER ACTY」ならびにCMに出演していた川島なお美
  • 管理工学研究所における「松」の後継ソフトとしての「松風」およびWindows9x以降対応「松茸」(雑誌の付録でオープンβを公開してそれっきり)
  • CompJapan 新メモリ最適化ツール(まったく効果の無いプログラムによるシェアウェア詐欺事件)
  • エンコーダに無断バンドルされてしまったFraunhofer IIS MPEG Layer-3 codec(professional)

インターネット関連

その他

*1:ある意味Chrome Bookの先祖。早すぎたんだ