腰越状

一般

腰越状

こしごえじょう

源平合戦後、鎌倉への凱旋を兄源頼朝に拒まれた源義経が、逗留した腰越の地で認めた書状。

頼朝の勘気を解くべく記した弁明書で、宛名は頼朝の側近大江広元