スマートフォン用の表示で見る

狛犬

アート

狛犬

こまいぬ

神社仏閣の入口に鎮座して境内を守る、獅子型の動物の彫像。

通常、片方は口を開き(阿形)、もう片方は口を閉じている(吽形)。

本来は阿形の獅子、吽形で角のあるの狛犬の像であり「獅子・狛犬」と呼ばれていたが時代が下ると「狛犬」と略されて呼ばれるようになる。

関東地方では江戸時代中期から角のない獅子の阿・吽で一対の「狛犬」とするものが主流となり現在に至っている。