スマートフォン用の表示で見る

今井正人

スポーツ

今井正人

いまいまさと

陸上競技(長距離・マラソン)選手。

1984年4月2日生まれ。福島県南相馬市出身。

福島県立原町高等学校順天堂大学卒。トヨタ自動車九州所属。

大学時代

第81回箱根駅伝

順天堂大学2年生。往路5区で、同区としては新記録となる11人抜きを演じたほか、これまでの区間記録を2分17秒も更新する1時間9分12秒をマークした。翌日、最優秀選手賞に選ばれ、金栗四三杯が贈呈された。

第82回箱根駅伝

順天堂大学3年生。コースが変わって距離が延び、山登りの上に全区間最長(23.4km)となった新5区を走り、5人抜きで17年ぶりの順大往路優勝の立役者となった。また、区間2位の村上和春(駒澤大学)に1分の差をつける1時間18分30秒で区間賞を獲得した。この成績から、翌日、二年連続の金栗四三杯を授与された。

第83回箱根駅伝

順天堂大学4年生。順天堂大学陸上競技部主将となり、3年連続して箱根駅伝の往路5区を任された。

小田原中継所ではトップの東海大学に約4分余りの差をつけられ、5位で襷を受け継いだが、その後先行の選手を次々に追い抜き、16キロ地点でついに首位に立った。その後はトップの座を他校に譲ることなく箱根芦ノ湖にゴールイン。往路優勝の立役者となるとともに、自らも1時間18分5秒の区間新記録*1をマークして優勝に花を添えた。

他校の選手から「山の神」と目されていたこともあり、芦ノ湖のゴールを実況した日テレアナウンサーは往路優勝のゴールテープを切った際、「いま山の神、ここに降臨!」と絶叫した。

復路も順大はトップの座を譲らず、総合優勝及び復路優勝という完全優勝の立役者となり、一昨年・昨年に次いで金栗四三杯に輝いた。

社会人時代

2007年、森下広一監督が率いる実業団トヨタ自動車九州入社

2008年の北海道マラソンで初マラソンを経験。

マラソン成績

年月大会順位記録備考
2008年8月31日北海道マラソン10位2時間18分01秒マラソン
2010年12月5日福岡国際マラソン5位2時間13分23秒世界陸上大邱大会選考レース
2011年3月6日びわ湖毎日マラソン6位2時間10分41秒
2011年12月4日福岡国際マラソン4位2時間10分32秒ロンドンオリンピック選考レース
2012年3月4日びわ湖毎日マラソン42位2時間17分50秒
2013年2月24日東京マラソン201311位2時間10分29秒世界陸上モスクワ大会選考レース
2013年11月3日ニューヨークシティマラソン6位2時間10分45秒初の海外マラソン・日本男子首位
2014年2月2日別府大分毎日マラソン2位2時間09分30秒自己ベスト

*1:今井の区間記録は、2009年第85回箱根駅伝で同じ福島県浜通り出身の柏原竜二東洋大学)によって更新された。