スマートフォン用の表示で見る

今西和男

スポーツ

今西和男

いまにしかずお

元日本代表のサッカー選手。サッカー指導者。 

ポジションはディフェンダー

1941年1月12日生まれ、広島県広島市中区出身。

4歳の時被爆。今も左手足にケロイドが残る。

舟入高校2年からサッカーを始め、不自由な体を克服。

東京教育大学(現・筑波大学)卒業後、1963年、東洋工業サッカー部入り。

1965年から創設された日本サッカーリーグJSL)初年度から1968年までの四連覇に大きく貢献した。

1966年には全日本に選出。

1969年現役引退。

2年間コーチを務めた後、マツダサッカークラブとチーム名が変わり、1982年からサッカー部副部長・総監督に就任。

1984年から監督につき、1986年からJSL1部にチームを復帰させるが、1988年再び2部に転落するとハンス・オフト監督、ディド・ハーフナーをGKコーチに招聘し天皇杯準優勝、1991年1部復帰。

1992年、Jリーグ創設でサンフレッチェ広島が発足すると、取締役強化部長兼総監督に就任。

この間、森保一前川和也松田浩らの育成、ドイツブンデスリーガでプレーしていた風間八宏韓国盧廷潤、その他イワン・ハシェックスチュアート・バクスターらの招聘、高木琢也の獲得などで、Jリーグ創設2年目の1st.ステージを制覇。

その後、日本サッカー協会強化委員会委員長として1997年フランスW杯アジア地区最終予選途中での加茂周監督更迭、岡田武史コーチの昇格を強行。

その後、日本サッカー協会技術副委員長などを務めた。

また大分トリニータ愛媛FCの創設にアドバイザーとして参加。

サンフレッチェのゼネラルマネージャーは退き現在は顧問。吉備国際大学の監督も務めている。

久保竜彦を発掘したほか、中村重和小林伸二松田浩など優秀な指導者の育成、サンフレッチェ広島F.Cユースの育成など、業績は多岐に渡る。