スマートフォン用の表示で見る

今村均

一般

今村均

いまむらひとし

宮城県出身陸軍大将。

昭和17年(1942年)3月、第十六軍司令官として、蘭印作戦を指揮し、2倍の兵力をもつ蘭印連合軍を9日間で降伏させ*1ジャワにおいて独自の軍政を敷く。*2大本営がこの軍政を認めなかったため、同年11月第八方面軍司令官としてラバウルに転任。終戦まで陸軍7万人の兵を指揮し、自給自足、強固な陣地構築の上、兵力を維持する。結果として連合軍ラバウルを避けることとなり*3、他方面と異なり、将兵は無事帰国することができた。

戦後オーストラリア軍により10年の禁固刑の判決オランダ軍には無罪の判決を受ける。

*1:かってに蘭印連合軍が、上陸した日本軍の兵力を過大評価して降伏してしまった。

*2インドネシア独立運動の指導者スカルノとハッタを獄中より開放、祖国防衛義勇軍の創設、インドネシア人の登用等を行う。このため戦後、インドネシアの独立に寄与し、インドネシアの独立宣言書に皇紀が採用されることとなる。

*3:蛙飛び作戦